健康関係の本に、油について書かれているのが目立つようになった。
そういえば10年くらい前にトランス脂肪酸や植物油とオメガ3の話がブームになったことが有った。

今話題は認知症に。

健康に良いとは、前から言われていたが、なかなか普及しないオメガ3を多く含む油。
オメガ3の含有量ではトップクラスの亜麻から作る亜麻仁油(フラックスオイル)、しそ科の油のエゴマ油

欠点は、酸化しやすく扱いにくい、そして割高。

熱に弱い為、加熱する料理の油としては使えない。
日光などでも酸化するため、透明な容器だったら保管場所にも注意が必要。

サラダなどに少量振り掛けて食べるのがふつうの使い方。
健康法として、そのまま摂取するなどもある。

家庭では大量に使えないので、割高でも小瓶が欲しい。

油と言えば、使いやすいゴマ油やオリーブ油を選んでしまう。
オメガ3はEPAなどのサプリに頼り勝ちになる。

認知症の予防にエゴマ油が効果的とのテレビでの紹介も有った。

サプリよりは自然の油で摂りたいオメガ3。
毎日楽しく簡単な調理法はないものか。

林修の今でしょ!でもエゴマ油が認知症予防に良いと解説していた。
簡単にとるには、卵かけごはんに、大匙一杯 とか お味噌汁に一杯 が 栄養的に相性が良いそうだ。
注意点はエゴマ油は熱に弱いので、食卓に並べてから加える事。

認知症予防(ボケ防止)のサプリは?

ココナッツオイルがアルツハイマーによいとも言われている。
若年性アルツハイマー病がココナツオイルで治療できることを実証した感動の記録として大学教授が推薦している。
アマゾンにも感動のレビューが多く寄せられている。

ココナッツオイルなら調理法はいろいろ見つかる。

認知症予防(ボケ防止)に効果的と言われているココナツオイルのサプリが有るなら、続けるのが簡単だからという理由でも意味が有ると思う。